【チョコボ・エブリバディ】フェニックスの入手とアビリティ紹介
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは

今回はスクウェア・エニックスから3月20日に発売されたプレイステーション4/Nintendo Switch用ダンジョンRPG「チョコボの不思議なダンジョン エブリバディ!」のフェニックスのバディ入手方法とアビリティ紹介です。

序盤「第2章のBOSS」のフェニックスを入手を考えてる方や、これから入手したいけどアビリティが気になるという方は是非参考にしてください。

ちなみに最初にアビリティを書きますがフェニックスのアビリティは体力全回復&リレイズ!

入手するのに何度も周回が必要になってくるのでおすすめな周回方法と合わせて書いていきます。

この記事で分かること

  • フェニックス入手方法
  • おすすめ周回方法
  • アビリティ:転生の炎紹介
スポンサーリンク

フェニックス入手方法

大型バディフェニックスは第2章最後のダンジョン炎の守護者の最深部にいます。2回目以降は10階からスタートできるのでそこまで階層は深くないです。レベルもBOSSに苦戦しないぐらいの強さであれば問題なく周回できます。

わたしは、レベル22前後で周回をしていたので参考までに!

みなさんもご存知だと思いますが、今作の新要素のバディシステムはそのモンスターを倒すとバディポイント「以下BP」が貯まり一定値貯めると仲間として連れていけるようになります。

BOSSも同じで倒すとこで必ず1or2BP落とすのでそれを規定値まで貯めるとフェニックスが仲間として連れていけるようになります。

集めるBPは10ポイント

一度倒したことがあるモンスターはバディ図鑑で残りの必要BPが確認することが出来ます。

メニューからバディ図鑑の確認

通常のモンスターと比べて必要BPは低いですが入手できるBPも低いので、最高で10周必要になってきます。

1周で入手出来るBPの最低は1=10周必要。BPが2入手できる時もあるので10周は大げさで大体7周ぐらいですね、体感でBPの入手振り分けは半々だと思います。

スポンサーリンク

おすすめ周回方法

フェニックス入手の為にダンジョン炎の守護者を10FからスタートしてBOSSの居る21Fで潜る階層は11になってきます。

ダンジョンRPGでの周回での時間短縮は、大きく分けると3つになります。

  • すばやく階段に行く
  • モンスターとの戦闘を避ける
  • 罠を踏まない

どれも当たり前のことですがダンジョンRPGはこの3つが攻略にも周回にも必要になってきます。

レベル上げを加味して周回する方には少し違ってきますが高速周回には外せない要点になってます。

こちらの3つのポイントをカバーしながら周回するにはジョブで「シーフ」がおすすめです。シーフの持つアビリティの警戒がこの3つすべてをカバーしてくれるので非常に周回が楽になります。

シーフはダンジョン内のアイテムショップからアイテムを盗み出すことに成功したら入手できるジョブです。

合わせて読みたい

フェニックスは序盤のBOSSではあるがやはりBOSSだけあって強いとです。とくに初めてクリアした段階だと苦戦しながらの周回になってくるのでしっかりとダンジョン内で入手できる「火のクラ」を強化値を上げておきましょう。

それとフェニックスからはアビリティの盗むで「フェニックスの尾」フェニックスが召喚するマッハ(小鳥)からは、ポーション、ハイポーション、エーテルが盗めるので長期戦になる場合は盗んで回復アイテムを補充しておきましょう!

 

フェニックスのアビリティ・転生の炎

フェニックスのアビリティ・転生の炎はチョコボのHPを全回復してリレイズ状態にしてくれる強力なアビリティです。

リレイズって何?
そのフロアで一度だけ復活ができます。

序盤は回復系がいなくてポーション頼みになる状況もフェニックスを連れていけば大丈夫!

と、言いたいですが、消費SPが4なのでこまめに発動できる技では無いです。アビリティ自体は他のバディと比べてもかなり便利で強いのですが、使いみちが限られてきてしまうのが…。

ただ、体力全回復は魅力的なので今後後半の高難易度ダンジョンでこまめな回復で間に合わないときには出番があるかもしれないですね!

 

さいごに

以上、【チョコボ・エブリバディ】フェニックスの入手とアビリティ紹介でした。

強いか強くないかと言われたら強いですが使いみちが…というのが実際プレイした感想になります。

エーテル等でフェニックスのSPをこまめに回復できる状況なら間違いなく強いです!序盤はHPもまだ低いので全回復の恩恵は少ないですが、HPが700、800となってきたらこれほど頼れるアビリティもないですね。

初の大型バディなのでしばらく一緒に連れ添ってもらいます!

最後までお読みありがとうございました。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう