【ポケモン剣盾】ぎんのおうかんを簡単に集める方法【穴掘り兄弟】
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回は、「ポケットモンスターソードシールド」の6つある個体値の1つを、さいこうにすることができる「ぎんのおうかん」の入手方法と、1番簡単に手に入れられる穴掘り兄弟からの受け取り方を紹介していきます。

オンライン対戦(ランクバトル)ではポケモンの個体値の高さが最重要になってくるので、「ぎんのおうかん」を多く入手した方が育成が楽になるので、ポケモンの個体値厳選してる方は是非参考にしてみてください。

 

この記事でわかること

  • ぎんのおうかんの主な入手方法
  • 穴掘り兄弟について
  • W(ワット)のおすすめ集め方
スポンサーリンク

ぎんのおうかんの入手方法

  1. バトルタワーで購入
    (BP25使ってバトルタワーで購入できます。BPはバトルタワーを勝つたびに増えていくので、オンライン対戦を多くやる必要があり)
  2. マックスレイドバトルで入手
    (ワイルドエリアのマックスレイドバトルをするとクリア報酬として低確率で入手可能。☆1〜☆5までありますが、☆の数が多いほど報酬でレアアイテムが受け取りやすいです。)
  3. 穴掘り兄弟に依頼して入手
    (ワイルドエリアに居る穴掘り兄弟に500W支払い入手できます。超低確率ですがポケモンバトルが唯一無いので、空いた時間や育成途中でも運次第では大量に入可能です)

現在の入手方法は上記3パターンあり、どれも簡単には入手できないです。そのくらい希少性のあるアイテムですが、この中で一番簡単に入手できる方法が穴掘り兄弟に依頼です。

W(ワット)はワイルドエリアの光ってる巣穴から効率よく入手が可能でポケモンバトルをしなくても手に入ります。詳しくはこちらのお金稼ぎの記事内でまとめています。

毎日2万前後のWが確定で稼げるので、穴掘り兄弟は40回は依頼できます!

スポンサーリンク

ワイルドエリアの穴掘り兄弟とは?

穴掘り兄弟とは、ワイルドエリアのハシノマ原っぱにワープして近くに居る二人組のことです。

バトルタワーのBPで購入するのとは違って、依頼しても確実に手に入るわけでは無くランダム要素が強いですが体感で「ぎんのおうかん」はそれなりに出てくれます。

二人いますが、レアアイテムを入手するなら手前に居る穴掘り人になります。特徴は500Wで掘れる回数は少ないですが、レアアイテムが入手しやすいです。逆に奥の方に居る人は掘れる回数は多いですが、レアアイテム入手確率は低くなってます。

奥の人からは「ぎんのおうかん」の入手確認ができてないので、おそらく出ないのではないでしょうか。「ぎんのおうかん」狙いは手前の人に依頼しましょう!

穴掘り兄弟から入手できるアイテム一覧

手前にいるスキルある方の入手アイテム一覧です。実際にわたしが確認できたものになっているので、もしかしたら抜けてるかもしれませんが、分かり次第修正していきます。

発掘アイテム一覧(スキルあり)
こおりのいし たいようのいし
ひかりのいし やみのいし
めざめいし つきのいし
カセキのリュウ カセキのトリ
カセキのクビナガ カセキのサカナ
メタルコート すいせいのかけら
きちょうなホネ こうこうのしっぽ
くろいてっきゅう ノーマルジェル
ねがいのかたまり ぎんのおうかん

※「きんのおうかん」の入手報告もあるので、超低確率で出るのかもしれません。

穴掘り演出について

穴掘り兄弟の発掘には演出があり、一度終わったと思ったら復活して再度掘り出すことがあります。

穴掘り兄弟の抽選方式は不明ですが、一定の継続率を持った抽選テーブルだと思いってます。継続率が複数あるのか固定なのかはわからないですが、1回で終わることもあれば10〜回続くこともあるので、おそらく複数あるのではないでしょうか。

復活演出が出たときのほうが、体感で複数回掘ることもあるので、継続率が高い時に発生する演出?

スポンサーリンク

さいごに

以上、【ポケモン剣盾】ぎんのおうかんを簡単に集める方法【穴掘り兄弟】でした!

ぎんのおうかんの入手方法は3パターンありますが、もっとも簡単なのは穴掘り兄弟からの入手です。

確実に入手できるバトルタワーで購入はオンライン対戦やジム戦をメインでやられてる方はいいですが、やってない方は購入が困難です。消費BP25と少なくないので、他のアイテムの購入もできなくなってしまうので、BPはぎんのおうかん以外に使うのがおすすめです。

超低確率の「きんのおうかん」狙いも合わせて、穴掘り兄弟を試してください!

W(ワット)稼ぎはこちらの記事で詳しく紹介してるので、合わせてお読みください。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう