【MHWアイスボーン】ナナ・テスカトリを簡単に倒せる対策装備の紹介
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

『モンスターハンターワールドアイスボーン』ナナ・テスカトリを楽に倒せる対策装備紹介になります。

本作屈指の戦いたくないモンスターで上位のナナ・テスカトリですが、しっかりと対策をすることで格段に戦いやすくなり、死ぬリスクも大きく減らすことができます。

今回は、ナナ・テスカトリが苦手な方や、素材を集めたいけど勝てないという方は是非参考にしてみてください!

ゆきはむ
ワールドの頃からこいつだけは本当に苦手で楽しく戦えないで死んでばかりだよ!

りょりょ
しっかりと専用の対策装備で行かないと、難易度激高のモンスターだから必須スキルの紹介からしていくね!

 

この記事でわかること

  • 絶対につけておきたいスキル
  • ナナ・テスカトリで気をつけたい技
  • 持ち込みたいおすすめアイテム
スポンサーリンク

ナナ・テスカトリの対策

ナナ・テスカトリは遠距離広範囲の風圧付きの熱風を放ってきます。風圧対策をしていないと熱風によるスリップダメージで体力がモリモリ減ってしまいます。

必須スキル

  • 風圧耐性
  • 火耐性

上記2つは対ナナ・テスカトリでは必ず入れておきたいスキルになります

それに加えて高い機動力で離れた場所からも一瞬で近づいて攻撃をしてくるので、熱風によるダメージと合わせて大ダメージを食らったり、咆哮で動けなくなってからの熱風ダメージが意外と死亡につながってしまうと思います。

出来れば付けたいスキル
  • 耳栓
  • 回避性能
  • 氷属性強化

氷属性強化は、武器が氷属性の場合になります。氷属性の場合は優先して付けたいです。

耳栓と回避性能ですが、あくまで生存率を上げるためのスキルで回避性能5あれば咆哮もフレーム回避しやすいですし、突進攻撃や近接攻撃の被弾も減るのでおすすめです!

耳栓も護石だけでLv4発動できるので、簡単に付けることも可能です。

スポンサーリンク

ナナ・テスカトリおすすめ装備

今回はナナ・テスカトリで立ち回りしやすい遠距離武器のライトボウガンで紹介していきます

箇所 装備名 素材モンスター
武器 赤龍の狙ウ弩・氷 ムフェトジーヴァ
EXクシャナアンクβ クシャルダオラ
EX龍紋ヲ刻マレシ封鎧β ムフェトジーヴァ
EX龍紋ヲ刻マレシ封甲β ムフェトジーヴァ
EXクシャナアンダβ クシャルダオラ
EX龍紋ヲ刻マレシ封靴β ムフェトジーヴァ
護石 業物の護石

発動シリーズスキル

クシャルダオラ『銀龍の飛翔』

風圧完全無効

ムフェトジーヴァ『赤龍の封印』

赤龍の封印は抜刀状態時に各種倍率が上昇するシリーズスキル。デメリットとしては攻撃を使用するとダメージを受けてしまいますが、攻撃を当て続ければHPが回復します。

ナナ・テスカトリ対策で必須の風圧耐性はクシャルダオラ3部位で発動する「銀龍の飛翔」でカバーしています。クシャルダオラ装備は氷属性武器強化がセットスキルで付いてくるので、無駄のない構成ができます。

ムフェトジーヴァ3部位の「赤龍の封印」は抜刀時に会心率と属性値の上昇が得られるので、常時スキル発動で火力の底上げになるので、おすすめです!

武器のカスタマイズと覚醒スキル

武器のカスタマイズ

覚醒能力
銀龍の飛翔
装填数[属性]Ⅲ
攻撃力強化Ⅴ
攻撃力強化Ⅴ
攻撃力強化Ⅴ

装填数アップの装填数[属性]Ⅲと、クシャルダオラのシリーズスキル「銀龍の飛翔」は今回の装備を作成する上で必須になってきます。

それ以外は攻撃Ⅴを3つ付けるのが良いと思います。

強化パーツは反動抑制を3つ付けることで速射属性弾が反動中で打てるようになるので、ここも必須です。残り一つはお好みで大丈です!

 

スキル発動に必要な装飾品&護石

発動スキル
氷属性強化Lv6 逆恨みLv5
回避性能Lv5 体力増強Lv3
火耐性Lv3 属性やられ耐性Lv3
装填拡張Lv3 超会心Lv2
業物/弾丸節約Lv1

必須スキルの風圧耐性はシリーズスキルで発動し、それ以外の火耐性、氷属性強化を最大で発動できます。

わたしは護石を耳栓にし、使ってもいいと思いますが、うまい具合に回避性能もLv5に上げれたので耳栓は外して業物/弾丸節約にしてあります。

装飾品に寄りますが、足りない部分があれば護石を変更したり、回避性能のLvを下げてもいいと思います。

逆恨みはムフェト装備とかなり相性がいいので、優先的に発動させたほうが良いですね!他の装備構成だと中々使い方は難しいですが、ムフェト装備とは相性が最高です!

属性耐性は装備スキルでLv2になって1スロ余っていたから付けてるだけになります。

以上、【MHWアイスボーン】ナナ・テスカトリを簡単に倒せる対策装備の紹介でした!

最後までお付き合いありがとうございました。

 

スポンサーリンク
コメントを残す

Twitterでフォローしよう