ブログデザイン変更中

【MHWアイスボーン】アルバトリオンの尻尾の簡単な集め方【1周3分】

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回は、ソロで簡単にアルバトリオンの尻尾を約3分で入手できる方法です。

アルバトリオン防具の作成で「尻尾」が必要素材になってきますが、「尻尾だけ全然集まらない!」「尻尾切断してる余裕がない!」「まずクリアが安定しないよ!」と言う方も多いと思います。

それほどアルバトリオンは強く、素材集めが大変なモンスターですよね。

そこで部位破壊に特化した装備だけど、しっかりアルバトリオンと戦える装備と最短で周回するための小技も紹介しているので、アルバトリオン素材を少しでも楽に集めたい方は、よければ最後までお付き合いください。

この記事の目次

アルバトリオン戦で必須スキルについて

まず始めにアルバトリオン戦で必須スキルについて紹介していきます。

  1. 属性やられ耐性Lv3(必須
  2. 体力増強Lv3(必須)
  3. 属性攻撃強化(あると嬉しい)

こちらの3つのスキルは対アルバトリオン戦では必ず入れておきたいスキルになります。詳しくはこちらの記事にまとめてあります。

対策スキルが揃ってないと部位破壊前に3乙してしまう可能性もあるので、まずはアルバトリオン対策で必要なスキルを見ていただけると効率が良くなります。

スポンサーリンク

アルバトリオンの尻尾を3分で入手!

STEP
キャンプで各種バフと不動の装衣を着る

はじめにベースキャンプに着いたら鬼神薬グレートなどのバフをかけていただき、不動の装衣を着ます。

ベースキャンプからでたらアルバトリオンの正面からスタートになるので、必ずベースキャンプで不動の装衣を着てください。
最初に咆哮をしてくるので、回避をミスしたら致命傷になってしまいます。

STEP
尻尾へ一直線で行き、はじめに必ずクラッチ攻撃で傷をつける

フィールドに着いたら最初に尻尾にクラッチ攻撃で傷をつけましょう。

尻尾の肉質が硬いので、傷つけをしてから攻撃をしないとダメージがあまり通らないです。
肉質をしっかり落とし、少ない手数でしっかりダメージを与えましょう。

STEP
尻尾が切断できたらそれ以上の攻撃はSTOP!

無事、尻尾が切断できたらオッケーです。尻尾を入手しにきてるので、それ以上の攻撃はやめて尻尾の剥ぎ取る準備をします。

この時、尻尾をすぐにはぎ取りにいくとアルバトリオンの攻撃を受けてしまうので注意してください。

STEP
けむり玉を使い安全にはぎ取り

アイテム「けむり玉」を3回使う事で、モンスターはハンターを見失います。

このスキを見て安全にはぎ取りが可能です。

アルバトリオンの尻尾は2回はぎ取れるので、忘れずに2回はぎ取りましょう!
尻尾のほかに瑠璃色の龍神玉が入手できます。

ゆきはむのアイコン画像ゆきはむ

アルバトリオンとの距離が近いと見つかってしまう可能性があるので注意してください。

見つかってしまい、剥ぎ取るチャンスがない場合、エスカトンジャッジメント中は1回分ははぎ取り時間があるので、その隙に入手しましょう。

STEP
はぎ取りが終わったら、クエストから帰還

尻尾のはぎ取りが終わったらスタートメニューから「クエストから帰還」を選び終わりましょう。

クエストを途中で終わらせても、はぎ取りした素材は入手できてるので、尻尾や部位破壊報酬が目当てならこれが一番効率がいいです。

今回紹介した尻尾の切断は約3分ぐらいで周回できます。

けむり玉の入手方法

けむり玉はアイテムの調合で簡単に作成できます。必要になる素材は以下の2つです。

  • ケムリの実
  • ツタの葉

植生研究所で簡単に増やすことが出来るので、持ってない方は行ってみてください。

スポンサーリンク

部位破壊オススメ装備「大剣」

今回紹介してる武器種は大剣ですが、他の斬属性武器でも似たような構成で大丈夫です。

その場合は胴を別のに変更するだけで、それぞれの武器にあったスキルが組みやすくなると思います。

大剣の場合、尻尾に傷つけ後真溜め斬りで1000オーバーは確実なので、真溜め斬り2回で高確率で切断できます。

ただ尻尾の打点が結構高いので、動いてるモンスターに当てるのは難しいので無理に真溜め斬り狙いではなく細かく抜刀攻撃でもわりと早く部位破壊できるのでオススメです。

属性攻撃強化と武器の属性は、アルバトリオンのスタート時の属性に合わせて変えてください。

アルバトリオン対策に特化した大剣装備はこちらの記事へ。

ソロで15分から20分でクリアできるので、まだクリアできない方や、周回装備を考えてる方にオススメです。

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる