ブログデザイン変更中

【ドラクエタクト】リセマラの当たりモンスターと注意点の紹介

スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!

今回は、7月16日(木)にリリースされましたスマホアプリ「ドラゴンクエストタクト」のリセマラで入手しておきたいオススメモンスターを紹介していきます。

リリース時にガチャの最高レアリティ(S)ランクモンスターは全部で14体。この中から攻略に役立つ強いモンスターのみを厳選して発表します。

よければ最後までお付き合いください。

この記事の目次

リセマラの大当たり

  • キラーマシン
  • スライムエンペラー
  • テンタクルス
  • ベスキング
  • ワイトキング

全14体ガチャから排出されるSランクモンスターの中で特に強いモンスターは上記5体です。

理由についてはこれから詳しく紹介していきますが、ドラクエタクトのリセマラで悩んでる方はこれらのモンスターの複数狙い(2体以上)でリセマラをやめて進めて問題ないです。

上記5体以外のモンスターが弱いという意味ではないです。
SランクモンスターはステータスがAランクと比べても高いので、どれも即戦力になります。

Sランクモンスター
  • スライムエンペラー
  • ベスキング
  • グレイトドラゴン
  • カイザードラゴン
  • テンタクルス
  • れんごくちょう
  • おにこんぼう
  • にじくじゃく
  • キラーマシン
  • メタルドラゴン
  • アークデーモン
  • トロルキング
  • ヘルクラッシャー
  • ワイトキング
ランク確率
S3%
A12%
B36%
C49%
ゆきはむのアイコン画像ゆきはむ

最高レアのSランクはガチャの排出率3%と低いので、Sランク2枚抜きは大変ですが、リセマラは簡単なので頑張ってください。

キラーマシン

【覚える特技】
ブリザーラッシュ(消費MP 17)
ローリングアタック(消費MP30)
マヒャド斬り(消費MP 38)

リリーズ記念限定ガチャの目玉モンスターのキラーマシン。

とくに範囲攻撃の「ローリングアタック」を覚えてから雑魚狩りもしやすく序盤から活躍できるモンスターです。

強化してますが、初期は威力175%の物理ダメージです。

範囲攻撃できるローリングアタックを覚えてから、キラーマシンはかなり強くなります。

限定モンスターって事もあり、リセマラでの評価も現状高く最優先で狙っていきたいモンスターになります。

ですが、キラーマシンにはリセマラの注意点があるので、気をつけてください

キラーマシンはSランクのモンスターの中で間違いなく強いですが、終盤になるにつれて機動力が低いのが響いてきます。
1凸させる事で、移動力が1上がるので、リセマラでキラーマシンを狙う場合は、被りが最低条件になります

ガチャ排出率が3%なので、限定モンスターを被らせるのは非常に大変ですが、大変さに見合う性能になってると思います。

逆に0凸のキラーマシンは、リセマラをしてまで狙う強さではないので、他のSモンスター複数の方が良いですね。

スライムエンペラー

【覚える特技】
スクルト(消費MP24)
エール(消費MP28)
ベホマラー(消費MP70)

貴重な範囲大回復持ちのモンスター、序盤は他のSランクモンスターや、Aランクモンスターの方が正直役に立ちますし、スライムエンペラーの強い理由はわからないです。

ですが、ストーリー終盤になってくると、BOSS戦に限らず相手モンスターの火力が上がりサポートモンスターの需要がかなり上がってきます。

現在の登場モンスターの中で唯一無二のSランク回復タイプなので、他のモンスターと比べても大きく評価が下がることはなく、長く活躍ができます。

ゆきはむのアイコン画像ゆきはむ

回復持ちが少ないので、スライムエンペラーは高難易度のステージ突破にかなり役に立ちます。

スポンサーリンク

まとめ

以上、【ドラクエタクト】リセマラの当たりモンスターと注意点の紹介でした。

最後にまとめになりますが、以下の5体がリセマラで狙うべきモンスターになります。

  • キラーマシン
  • スライムエンペラー
  • テンタクルス
  • ベスキング
  • ワイトキング

その中でも紹介した「キラーマシン」「スライムエンペラー」の2体が頭一つ抜けて強いです。

キラーマシン狙いは1凸以上必須、スライムエンペラー狙いは+αでSランクモンスター。

リセマラは簡単ですが、狙った組み合わせを出すには、10回、100回では出ないと思ってください。ですが、それを課金して狙うとしたらかなり高額になってきます。

大変ですが長くゲームを遊びたいと考えてる方こそ、リセマラは必須になるので頑張ってください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

この記事の目次
閉じる