ゲーム難解デイズ

スマホ、家庭用ゲームのこれから始める人、初心者への基礎になるところを伝えていきます

モンハンワールド新要素&新モンスター&武器詳細情報1月26日発売

一狩り行こうぜ!!!

上手に焼けました〜〜


こんにちは、こんばんは!ゆきはむです(´・ω・`)

今回はですね、

モンスターハンターワールド
の小冊子を入手しましたのでそちらを紹介していきます。

2018年1月26日(金)発売なのでもう少しで発売になりますね。モンスターハンター(以下モンハン)シリーズ初のps4なのでとにかく映像が綺麗です!!

もう一度言います!!綺麗すぎます!!

では小冊子の中身を紹介していきます。


f:id:yukihamu:20171117213151j:plain



f:id:yukihamu:20171117215048j:plain

狩れ!この活ける大地と共に。

ハンターたちは“新大陸“と呼ばれる未知の大陸に調査員として足を踏み入れる。豊かな生態系が育まれる新大陸で、モンスターの痕跡を手がかりに世界を切り開き武器や防具はもちろん、様々な生物、植物、地形など高密度な環境全てを利用した、新たな狩りの世界が今広がる。

STORY

およそ10年に一度、遥か彼方の新大陸を目指し、海を渡る古龍達。
『古龍渡り』と呼ばれる、この奇妙な現象を解明するため、ギルドは『新大陸古龍調査団』を結成し、数年に渡り新大陸へと調査団を派遣した。
そして5回目の派遣である今回、渡りを行った古龍ゾラ・マダダラオスの後を追い、巨大船へと乗り込むハンターの姿があった…。

調査団一行を待ち受ける運命とは…。

f:id:yukihamu:20171117221352j:plain

進化したハンティングアクション

本作では全てのアクションがブラッシュアップされ、全く新しいアクションも追加されている。
ゲームプレイを止めることなく多彩な行動が繋がってゆくプレイフィールは格別だ。
さらに新大陸を拓く全てのハンターの標準装備として、導蟲やスリンガーが登場。環境を利用したアクションが、狩りに深みを与えている。

導蟲

フィールド上には·モンスターの足跡や爪痕などの『痕跡』が点在する。導蟲ににおいを覚えさせ、次々と痕跡を辿り、狩猟対象のモンスターを発見することが狩りの第一歩だ。フィールドを探索し痕跡を集めていけば、導蟲は案内の精度を高めてゆく。

スリンガー

フィールドの各所で手に入る小石や木の実を弾として撃つことができる、環境を利用した狩りには欠かせないツール。
陽動や移動の短縮など、様々な場面で活用することになる。狩りでは、これまで以上に状況把握が問われるだろう。

命息づく大地

古代樹の森

広大かつ、深い密度のフィールド。
連なり合って育つ木々は、巨大な''古代樹''となって空高くそびえ立つ。古代樹は森に息づく全ての生物を内包し、一つの生態系を形作る。

大蟻塚荒地

広大な乾燥地帯と、古代樹を水源とした沼地が入まじる荒地。
砂地には巨大な蟻塚が立ち並び、水場には色とりどりの植物が生い茂る。

陸珊瑚の大地

陸にも海にも似た、豊かで不思議な生態系が広がる。
産み出された陸珊瑚の卵は、湧昇風に乗って大地全体へと降り注ぎ、これを捕食する生物群の礎となっている。



f:id:yukihamu:20171117224301j:plain

探索

クエストを受注せず、全域マップからフィールドに出発すると探索になる。
探索はクエストと違い制限が少ないのでフィールドを調査するのに最適な手段だ。
制限時間はなく、何回力尽きても失敗にならない。

高密度なフィールド調査

フィールド上には生きた証となる様々な痕跡がある。
モンスターなどの痕跡や周囲の物に反応する「導蟲」の導きに従って調査を進めよう。
不慣れなフィールドでも心配なし。

マルチプレイ

全世界よりマッチング可能。より楽しいマルチプレイ体験!

オンラインにつないでいればシングルプレイ時も
救難信号を撃つことで、
同じサーバー内のクエストボードに
クエストが貼られ
あとから参加する事も可能。
ボイスチャットをはじめ、定型文やスタンプなどを
利用してコミュニケーションをとることができる。
※オンラインマルチプレイを楽しむには、
PS Plusに加入していただく必要があります。

生体マップ


フィールドには狩りに役立つ様々なものが数多く存在する。
どこに何があるのかは、「生態マップ」で確認することで一目瞭然。
アイコンフィルターで目的の情報に切り替えて表示させることも可能だ。

獣人族テトルー
アイルーに近しい、新たな獣人族が登場。
高密度な環境下で生きるモンスターならではの知恵を持ち合わせているようだ。
オトモアイルーを介せば、テトルーと意思疎通を図ることができる。

環境生物
新大陸には、非常に珍しい環境生物が存在する。
時間、天候など様々な環境の影響を受けていると思われる。
探索やクエストで環境生物についても調査してみよう。
環境生物は捕獲ネットで捕まえることが可能だ。




f:id:yukihamu:20171117230319j:plain

キャラクタークリエイション

プレイヤーの分身となる容姿を作成。
豊富なパーツが用意され、プリセットはもちろん、多彩なエディットで個性を生み出すことができる。
作り上げたキャラクターがゲーム中はもちろん、デモシーンで描かれ、没入感が深まる!

オトモもエディット可能!
プレイヤーの狩りを手助けする自分だけのオトモアイルーもキャラクタークリエイションが可能。

プレイヤーの狩りをサポートしてくれる相棒

オトモアイルー

ハンター狩りのパートナー。
攻撃、回復など様々なサポートに長けた、小さくとも頼もしい相棒。調査団の一員としてハンターと共に船に乗り込み、新大陸へとやって来た。

特殊装具

特出した効果を有し、アイテムとして使用すると一時的に抜群な効果を発揮する。
立ち回りを組み立てていく上で欠かせないアイテムだ。

隠れ身の装衣
一定時間、モンスターの視界から身を隠せる。
不動の装衣
ダメージのリアクションが無くなり風圧無効、聴覚保護、耐震の効果を得る。
挑発の装衣
モンスターに狙われやすくなり、モンスターを望む場所に誘い出せる
滑空の装衣
ジャンプの滞空時間が長くなり、強風の吹く特定の場所では、風に乗って移動することもできる。

オトモダチ

オトモアイルーは一部のモンスターの言葉を話せるため、
彼らに狩りの手助けを交渉することが可能。
交渉に成功すると、しばらくの間、
オトモダチとして行動してくれる。

オトモが小型のモンスターのジャグラスに乗り、ドスジャグラスを威嚇!?
オトモアイルーは、二人以下のプレイ時にクエストに連れていくことができ、シングルプレイ時は''オトモダチ''の力を借りることができる。
シングルプレイ時の狩りや調査も、オトモダチを引き連れることではかどることだろう。

f:id:yukihamu:20171117233646j:plain

調査拠点アステラ

アスタラにて共に調査する、心強い仲間たち。

あらゆる人とものが、ここに集まる。
調査を進める研究エリア、調査を支える流通・工房エリア、ハンターが集う集会エリアなどが存在する。
40年前に1期団が築いてから、長い年月の間に改築され、現在の姿になった。
拠点の入口付近にはクエストボードやアイテムBOXがある。
ハンターたちは自由にフィールドへ探索に出かけたり、クエストを受けたりしてこの新大陸を調査している。

受付嬢
情報統括のエキスパート「編纂者」。
ハンターと共に行動し、膨大な調査内容をまとめ上げる。
ギルドの推薦と自身の強い希望もあり、新大陸へとやってきた。
利発で明朗。信条は「迷ったら、食ってみろ!」
総司令
調査団の総指揮を執る人物。
40年前、新大陸にやってきた数少ない1期団の一人で、冷静な指示と、時に大胆な策で調査団を導く。
調査員達から全幅の信頼を得ている。
調査班リーダー
フィールドで実地調査を行う調査班を手際よくまとまる青年ハンター。
総司令の孫で、調査団唯一の新大陸生まれ新大陸育ち。
新大陸に生きる先輩のハンターとして、様々な知識を授けてくれる。

加工屋
様々な特徴を持つ武器、防具などプレイヤーの装備に関わる機能を一手に担うのがこの工房である。
集めた素材とお金で装備の生産や強化が可能。
さらに今作では、武器の派生図表示や、登録内容に応じて素材が集まるとお知らせしてくれるウィッシュリスト機能、防具のシリーズ表示や試着など、わかりやすくて、便利な機能を多数搭載している。
食事場
クエストに向けて、プレイヤー達が英気を養う施設。
食事をする事で、様々なパワーアップ効果を得る事ができる。
また拠点だけでなく、フィールド内のキャンプでも利用可能。
受付嬢が、かまどを使ってアイテムを食材に変換してくれる施設もある。渡すアイテムによっては変わったアイテムがもらえることも…?

モンスター

多種多様なモンスター。
捕食する。縄張りを守る。彼らは生存本能が命ずるままに生きている。

f:id:yukihamu:20171118000003j:plain


f:id:yukihamu:20171118000035j:plain


f:id:yukihamu:20171118000054j:plain


f:id:yukihamu:20171118000114j:plain

武器

f:id:yukihamu:20171118000429j:plain


ハンターは14種類の武器を扱え、それぞれで特徴やアクションが異なる。
1種だけ極めるのか、複数の武器を使い分けるのか、それはハンター次第だ。
さらに今作ではフィールドに出発した後でもキャンプ内のテントでアイテムの出し入れや武器、防具などの装備変更、オトモ装備の変更まで可能。


いかがでしたか!?
最新作のモンハンワールドは過去作を上手く引き継ぎ沢山の新要素があります。
経験者はもちろん新規の方も楽しく遊べるゲームになっていると思います。
購入を考えられている方は買って遊んでみる価値はあると思いますよ。
わたし、ゆきはむはもちろん買います!予約済みです(´・ω・`)

もしオンラインで共闘した際はよろしくお願いします!

最後まで見ていただきありがとうございました!!


ゲームの攻略や関係することを書いてます!
よければTwitterや読者登録お願いします(´・ω・`)